新たなる一歩

                    


一体何が起きたのだろう。

いつもと同じように遊んでいたのに。

たくさんの顔が心配そうに私をのぞきこむ。

おかしいな、左足が動かない。

わたしは救急車に乗せられて病院に運ばれた。

私の左大腿骨、ぽっきり折れちゃったって。

入院だってさ。

足が痛い。でも本当は足よりも心の方が痛い。

早く足を治さなくっちゃ。

私にはやりたい事がたくさんあるんだから。


入院して初めての夜。

足の痛みとともに、たくさんの不安が私を襲う。

でもがんばらなくっちゃ。


手術をした。

私の足に、金属の棒が入れられた。

早く歩けるようにならなくっちゃ。


リハビリの先生は、とってもやさしかった。

だから、つらいはずのリハビリもちっとも辛くなかった。

私の足は、少しずつ治ってきた。

ようやく松葉杖であるけるようになった。

退院も近いと思うと

くもっていた心にぱっと光がさした。


二本の足で地面に立つ。

おそるおそる左足を前に出してみる。

歩けた。自分の足で歩けた。

新しい私の第一歩。

けがをしてから毎日がつらかった。

歩けない自分がいやだった。くやしかった。

でも、たくさんの人が応援してくれた。

だから、私は負けなかった。

新しい私の誕生。

そして、今の私がここにいる。